-最も安全なダイビングの方法を提案します-


by dirtech

“良いダイバー”とは

“良いダイバー”とは

ダイビングを行う環境は多様で、同様に必要な器材やダイビング手順、ダイバーに要求される能力も多様であると思われがちですが、全てのダイビングに共通する基本原則に大きな差異はありません。

良いダイバーであるための3つの基本原則は、ダイビング経験、ダイビング能力、適切なダイビング器材です。

なかでもダイビング経験は個々のダイビング環境に適応するために最も重要なもので、仮に能力の高いダイバーであっても、例えば、深度40mを超える沈船の内部を探検しようとすれば、適切なダイビング経験がないとそのようなダイビングを安全に楽しめるはずがありません。

あるいは熱帯の海でのダイビング経験しかないダイバーが、初めて氷の海をダイビングするとき、全く新しいガイダンスが必要になります。

経験は良いダイバーに成長するための鍵で、目的にあったトレーニングを基礎に、ダイバーの能力は、様々な水中環境がダイバーに多様な条件に適応することを要求する過程で築かれてゆきます。

ダイバー・トレーニングは良いダイバーを誕生させる基礎を造る最初の重要なプロセスです。良いトレーニングでダイビングを始め、その後のダイビング経験がダイバーのスキルと知識を磨き、良いダイバーであり続けるための高い見識と判断力を築き上げます。

つまり良いダイバーとは、経験と教育に支えられた安全なダイバーを意味します。

前述したように、ダイビングの最終的なゴールは"楽しみ"です。しかし、人間が本来生存不可能な水中世界を"楽しむ"ということは、水中で呼吸を可能にするダイビング器材の使い方に習熟し、危機回避をするための十分なスキルと知識を備え、実際の水中環境に適合できなければその目的には到達できません。

このように考えれば、ダイビングを始めたいと思った時、最初に良い手ほどきとトレーニングを提供できるダイビング・インストラクターに出会うことが、いかに重要かということに気がつきます。
[PR]
by dirtech | 2008-01-02 17:47 | ダイビングの始め方