-最も安全なダイビングの方法を提案します-


by dirtech
最新のコース、特別なツアーはこちらへ:




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お問い合わせ:
DIR-TECH
E-mail: akiyoshi.kubo@gmail.com
Mobile-phone: 090-1559-9140
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

[PR]
# by dirtech | 2018-08-16 11:40

認定実績2017

レクレェーショナル・ダイビング


テクニカル・ダイビング
04/2017‐Mr. Y. Ogiwara: GUE Documentation Diver
04/2017‐Mr. A. Kubo: GUE Documentation Diver
01/2017‐Mr. M. Suzuki: IANTD Technical Wreck Diver

プロフェッショナル・ダイビング
03/2017‐Mr. B. Wouters: PADI Tec Deep Instructor
03/2017‐Mr. M. Suzuki: PADI Tec Deep Instructor Program
03/2017‐Mr. R. Osaguchi: PADI Tec Deep Instructor Program
02/2017‐Mr. M. Honda: Regulator Overhaul Workshop Updated
02/2017‐Mr. M. Suzuki: Regulator Overhaul Workshop Updated
01/2017‐Mr. M. Saegusa: EFR Instructor Updated
01/2017‐Mr. N. Kudo: EFR Instructor Updated
01/2017‐Mr. S. Kataoka: EFR Instructor Updated
01/2017‐Mr. B. Wouters: PADI DPV Specialty Instructor


CPR/FAトレーニング
01/2017‐Mr. N. Okada: EFR/CPR/AED Updated

[PR]
# by dirtech | 2017-01-01 01:01

認定実績2016

レクレェーショナル・ダイビング
11/2016-Mr. T. Kaneko: PADI EANx Diver
11/2016-Ms. Y. Nishizawa: PADI EANx Diver
11/2016-Mr. M. Someya: PADI EANx Diver
11/2016-Mr. I. Sagisawa: PADI EANx Diver
11/2016-Mr. K. Kyogoku: PADI EANx Diver
10/2016‐Mr. T. Kurihara: SUEX DPV Try Dive
09/2016‐Ms. M. Suzuki: PADI DPV-T Specialty Diver
09/2016‐Ms. S. Tsuchiya: PADI DPV-T Specialty Diver
05/2016‐Mr. M. Honda: PADI DPV-T Specialty Diver
05/2016‐Mr. R. Osaguchi: PADI DPV-T Specialty Diver
05/2016‐Mr. B. Wouters: PADI DPV-T Specialty Diver
04/2016‐Mr. M. Honda: DPV Try Dive
04/2016‐Mr. M. Takahashi: DPV Try Dive
04/2016‐Mr. Y. Ohama: DPV Try Dive
04/2016‐Mr. P. Kuyten: DPV Try Dive
04/2016‐Mr. A. Timmering: DPV Try Dive
04/2016‐Mr. M. Voeller: DPV Try Dive
04/2016‐Mr. M. Nagayama: DPV Try Dive
04/2016‐Mr. R. Osaguchi: DPV Try Dive
04/2016‐Mr. Y. Ogiwara: DPV Try Dive

テクニカル・ダイビング
11/2016-Mr. Y. Ohama: GUE Cave-1 Diver
11/2016-Mr. A. Kubo: GUE Cave-1 Diver
11/2016-Mr. Y. Ogiwara: GUE Cave-1 Diver updated
10/2016‐Mr. T. Kurihara: PADI Tec 45 Diver updated
08/2016‐Mr. Y. Ogiwara: GUE DPV-1
08/2016‐Mr. Y. Ohama: GUE DPV-1
08/2016‐Mr. T. Yamazaki: GUE DPV-1
08/2016‐Mr. Y. Ohama: GUE Fundamentals Tech-path
08/2016‐Mr. T. Yamazaki: GUE Fundamentals Tech-path
08/2016‐Mr. M. Takahashi: GUE Fundamentals Tech-path
08/2016‐Mr. M. Honda: GUE Fundamentals Tech-path
05/2016‐Mr. R. Osaguchi: GUE Tech-2 Diver
05/2016‐Mr. Y. Ogiwara: GUE Tech-2 Diver
05/2016‐Mr. M. Takahashi: PADI Tec Trimix Diver
05/2016‐Mr. M. Honda: PADI Tec Trimix Diver
05/2016‐Mr. R. Osaguchi: PADI Tec Trimix Diver
02/2016‐Mr. B. Wouters: PADI Tec Gas Blender

プロフェッショナル・ダイビング
10/2016‐Mr. K. Narita: Apeks Regulator Overhaul Workshop
10/2016‐Mr. S Hashikawa: Apeks Regulator Overhaul Workshop
10/2016‐Mr. M. Honda: Apeks Regulator Overhaul Workshop
10/2016‐Mr. M. Suzuki: Apeks Regulator Overhaul Workshop
10/2016‐Mr. Y. Ogiwara: Apeks Regulator Overhaul Workshop
10/2016‐Mr. M. Suzuki: Halcyon/Scubapro Regulator Overhaul Workshop
10/2016‐Mr. Y. Ogiwara: Halcyon/Scubapro Regulator Overhaul Workshop
08/2016‐Mr. Y. Ogiwara: GUE Instructor Internship
08/2016‐Mr. Y. Ogiwara: GUE Instructor Training Course
06/2015‐Mr. S. Nakamura: PADI Open Water Scuba Instructor
05/2016‐Mr. M. Honda: PADI DPV-T Specialty Instructor
05/2016‐Mr. M. Takahashi: PADI DPV-T Specialty Instructor
05/2016‐Mr. R. Osaguchi: PADI DPV-T Specialty Instructor
03/2016‐Mr. T. Akiyama: PADI Emergency Oxygen Provider Instructor
03/2016‐Mr. H. Makishima: Regulator Overhaul Workshop
03/2016‐Mr. K. Harada: Regulator Overhaul Workshop
03/2016‐Mr. J. Rautio: Regulator Overhaul Workshop
03/2016‐Mr. B. Wouters: Regulator Overhaul Updated
02/2016‐Mr. B. Wouters: PADI Tec Gas Blender Instructor
02/2016‐Mr. B. Wouters: PADI EANx Specialty Instructor
01/2016‐Mr. J. Hashitani: EFR Instructor

CPR/FAトレーニング
03/2016‐Mr. T. Akiyama: PADI Emergency Oxygen Provider
01/2016‐Mr. J. Hashitani: EFR/AED/CfC Updated

[PR]
# by dirtech | 2016-01-01 11:41 | 認定実績2016

認定実績2015

レクリェーショナル・ダイビンング
09/2015‐Mr. M. Suzuki: PADI DPV-T Diver
06/2015‐Mr. N. Okada: PADI Sidemount Diver
06/2015‐Mr. R. Osaguchi: PADI Sidemount Diver
02/2015‐Mr. M. Suzuki: GUE Fundamentals Recreational Path Diver

テクニカル・ダイビンング
09/2015‐Mr. M. Suzuki: PADI Tec Trimix Diver
09/2015‐Mr. Y. Ogiwara: PADI Tec Trimix Diver Updated
09/2015‐Mr. M. Suzuki: PADI Tec Trimix 65 Diver
09/2015‐Mr. M. Suzuki: PADI Tec Trimix Exam Completed
09/2015‐Mr. R. Osaguchi: PADI Tec Trimix 65 Diver Updated
09/2015‐Mr. Y. Ogiwara: PADI Tec Trimix 65 Diver Updated
09/2015‐Mr. M. Honda: PADI Tec Trimix 65 Diver Updated
09/2015‐Mr. M. Takahashi: PADI Tec Trimix 65 Diver Updated
08/2015‐Mr. M. Takahashi: IANTD Technical Wreck Diver
08/2015‐Mr. R. Osaguchi: IANTD Technical Wreck Diver
07/2015‐Mr. M. Suzuki: PADI Tec 50 Diver
07/2015‐Mr. M. Suzuki: PADI Tec 50 Diver Exam Completed
07/2015‐Mr. R. Osaguchi: PADI Tec 50 Trimix Diver Updated
07/2015‐Mr. Y. Ogiwara: PADI Tec 50 Trimix Diver Updated
07/2015‐Mr. M. Honda: PADI Tec 50 Trimix Diver Updated
06/2015‐Mr. M. Takahashi: PADI Tec Trimix 65 Diver
06/2015‐Mr. M. Takahashi: PADI Tec Trimix Exam Completed
06/2015‐Mr. M. Honda: PADI Tec Trimix 65 Diver
06/2015‐Mr. M. Honda: PADI Tec Trimix Exam Completed
06/2015‐Mr. R. Osaguchi: PADI Tec Trimix 65 Diver
06/2015‐Mr. R. Osaguchi: PADI Tec Trimix Exam Completed
06/2015‐Mr. Y. Ogiwara: PADI Tec Trimix 65 Diver Updated
05/2015‐Mr. M. Suzuki: GUE Tech-1 Diver
05/2015‐Mr. R. Osaguchi: GUE Tech-1 Diver
05/2015‐Mr. Y. Ogiwara: GUE Tech-1 Diver
05/2015‐Mr. M. Suzuki: GUE Gas Blender
05/2015‐Mr. R. Osaguchi: GUE Gas Blender
05/2015‐Mr. Y. Ogiwara: GUE Gas Blender
05/2015‐Mr. M. Nagayama: GUE Tech-1 Update
05/2015‐Mr. M. Suzuki: GUE Fundamentals Tech Path Upgrade
02/2015‐Mr. P. Szczepanski: PADI Tec Sidemount Diver
02/2015‐Mr. P. Kuyten: PADI Tec Sidemount Diver
02/2015‐Mr. A. Timmering: PADI Tec Sidemount Diver
02/2015‐Mr. R. Osaguchi: GUE Fundamentals Tech Path Diver
02/2015‐Mr. Y. Ogiwara: GUE Fundamentals Tech Path Diver
01/2015‐Mr. Y. Tanaka: PADI Tec Sidemount Diver
01/2015‐Mr. Y. Tokiwa: PADI Tec Sidemount Diver
01/2015‐Mr. Y. Ogiwara: PADI Tec Sidemount Diver

プロフェショナル・トレーニング
11/2015‐Mr. T. Akiyama: EFR Instructor
10/2015‐Ms. A. Kurihara: PADI Open Water Scuba Instructor
09/2015‐Mr. Y. Ogiwara: PADI DPV Spcialty Instructor
08/2015‐Ms. A. Kurihara: PADI OWSI Program
08/2015‐Ms. Y. Ishikawa: PADI OWSI Program
08/2015‐Mr. S. Nakamura: PADI OWSI Program
08/2015‐Mr. Y. Ohama: IDC-SI Updated & OWSI Program Assisted
08/2015‐Ms. A. Kurihara: EFR Instructor
08/2015‐Ms. Y. Ishikawa: EFR Instructor
08/2015‐Mr. S. Nakamura: EFR Instructor
08/2015‐Mr. Y. Ohama: EFR Instructor Updated
08/2015‐Mr. B. Ketelslegers: PADI Sidemount Instructor
06/2015‐Mr. M. Nagayama: PADI Trimix Instructor Phase-3/Tec Trimix65 Assisted
06/2015‐Mr. R. Osaguchi: PADI Sidemount Instructor
06/2015‐Mr. Y. Ogiwara: PADI Sidemount Instructor Updated
05/2015‐Mr. B. Ketelslegers: EFR Instructor
05/2015‐Mr. Y. Ogiwara: EFR Instructor Update
05/2015‐Mr. Adachi: PADI New OWD Program Workshop
05/2015‐Mr. Ueno: PADI New OWD Program Workshop
05/2015‐Mr. Iwata: PADI New OWD Program Workshop
05/2015‐Mr. Ohno: PADI New OWD Program Workshop
03/2015‐Ms. B. Waycott: Regulator Overhaul Workshop
03/2015‐Mr. J. Pennypacker: Regulator Overhaul Workshop
03/2015‐Mr. B. Wouters: Regulator Overhaul Workshop
03/2015‐Mr. M. Voeller: Regulator Overhaul Workshop
03/2015‐Mr. H. Yoshida: Regulator Overhaul Workshop
02/2015‐Mr. M. Suzuki: PADI O2 Provider Specialty Instructor
02/2015‐Mr. K. Harada: PADI O2 Provider Specialty Instructor
01/2015‐Mr. K. Harada: EFR/AED/CfC Instructor
01/2015‐Ms. S. Ono: EFR/AED/CfC Instructor
01/2015‐Mr. Y. Tokiwa: PADI Tec Sidemount Instructor
01/2015‐Mr. Y. Tokiwa: PADI Tec Gas Blender Instructor
01/2015‐Mr. Y. Ogiwara: PADI Tec Gas Blender Instructor
01/2015‐Mr. R. Osaguchi: PADI U/W Navigator Specialty Instructor
01/2015‐Mr. M. Suzuki: PADI U/W Navigator Specialty Instructor
01/2015‐Mr. Y. Ogiwara: PADI U/W Navigator Specialty Instructor
01/2015‐Mr. Y. Ogiwara: PADI EANx Specialty Instructor
01/2015‐Mr. M. Suzuki: PADI Night Diver Specialty Instructor
01/2015‐Mr. Y. Ogiwara: PADI Night Diver Specialty Instructor
01/2015‐Mr. M. Suzuki: PADI Deep Diver Specialty Instructor
01/2015‐Mr. Y. Ogiwara: PADI Deep Diver Specialty Instructor

CPR/FAトレーニング
11/2015‐Mr. T. Akiyama: EFR/AED/CfC Updated
08/2015‐Ms. A. Kurihara: EFR/AED/CfC Updated
08/2015‐Ms. Y. Ishikawa: EFR/AED/CfC Updated
08/2015‐Mr. S. Nakamura: EFR/AED/CfC Updated
05/2015‐Mr. B. Ketelslegers: EFR/AED/CfC Updated
02/2015‐Mr. M. Suzuki: PADI O2 Provider
02/2015‐Mr. K. Harada: PADI O2 Provider
01/2015‐Mr. K. Harada: EFR/AED/CfC Updated
01/2015‐Ms. S. Ono: EFR/AED/CfC Updated
[PR]
# by dirtech | 2015-01-01 00:27 | 認定実績2015

認定実績2014

レクリェーショナル・ダイビンング
12/2014‐Mr. Y. Ohama: PADI Poseidon MK-6 eCCR Advanced Diver
12/2014‐Mr. Y. Ohama: PADI Poseidon MK-6 eCCR Diver
11/2014‐Mr. P. Szczepanski: PADI Sidemount Diver
11/2014‐Mr. P. Kuyten: PADI Sidemount Diver
11/2014‐Mr. A. Timmering: PADI Sidemount Diver
10/2014‐Mr. K. Svenarlind: PADI Sidemount Diver
10/2014‐Mr. S. Collett: PADI Drysuit Diver
06/2014‐Mr. T. Yamamoto: PADI EANx Diver

テクニカル・ダイビンング
10/2014‐Mr. S. Collett: PADI Tec Sidemount Diver
07/2014‐Mr. M. Ngai: IANTD Technical Wreck Diver
07/2014‐Mr. T. Yamazaki: IANTD Technical Wreck Diver Updated
06/2014‐Mr. Y. Adachi: PADI Tec 40 Diver
06/2014‐Mr. Y. Adachi: PADI Tec 40 Diver, Exam Completed
06/2014‐Mr. T. Yamamoto: PADI Tec 40 Diver
06/2014‐Mr. T. Yamamoto: PADI Tec 40 Diver, Exam Completed
06/2014‐Mr. T. Yamazaki: PADI Tec 50 Diver Updated
06/2014‐Mr. R. Osaguchi: PADI Tec 50 Diver Updated
04/2014‐Mr. K. Takahashi: PADI Tec 50 Diver
04/2014‐Mr. K. Takahashi: PADI Tec 50 Diver, Exam Completed
04/2014‐Mr. R. Sakurai: PADI Tec 50 Diver
04/2014‐Mr. R. Sakurai: PADI Tec 50 Diver, Exam Completed
04/2014‐Mr. T. Takasu: IANTD Advanced & Technical Wreck Diver
03/2014‐Mr. R. Osaguchi: PADI Tec 50 Diver
03/2014‐Mr. R. Osaguchi: PADI Tec 50 Diver, Exam Completed
03/2014‐Mr. T. Yamazaki: PADI Tec 50 Diver Updated
03/2014‐Mr. Y. Ogiwara: PADI Tec 50 Diver Updated
02/2014‐Mr. R. Sakurai: PADI Tec 45 Diver
02/2014‐Mr. R. Sakurai: PADI Tec 45 Diver, Exam Completed
02/2014‐Mr. R. Sakurai: PADI Tec 40 Diver
02/2014‐Mr. R. Sakurai: PADI Tec 40 Diver, Exam Completed
02/2014‐Mr. Y. Usukura: PADI Gas Blender-EANx
01/2014‐Mr. T. Kurihara: PADI Tec 50 Diver
01/2014‐Mr. T. Kurihara: PADI Tec 50 Diver, Exam Completed
01/2014‐Mr. T. Yeo: IANTD Advanced & Technical Wreck Diver
01/2014‐Mr. C. Simmel: IANTD Advanced & Technical Wreck Diver
01/2014‐Mr. Y. Ogiwara: IANTD Advanced & Technical Wreck Diver

プロフェショナル・トレーニング
11/2014‐Mr. Y. Ogiwara: PADI Sidemount Instructor
11/2014‐Mr. Y. Adachi: PADI Deep Diver Specialty Instructor
11/2014‐Mr. R. Osaguchi: PADI Deep Diver Specialty Instructor
11/2014‐Mr. Y. Adachi: PADI EANx Specialty Instructor
11/2014‐Mr. R. Osaguchi: PADI EANx Specialty Instructor
10/2014‐Mr. S. Collett: PADI Tec Sidemount Instructor
10/2014‐Mr. S. Collett: PADI Drysuit Instructor
10/2014‐Mr. K. Svenarlind: PADI Sidemount Instructor
10/2014‐Mr. Y. Ogiwara: PADI IDC Completed
09/2014‐Mr. K. Suzuki: PADI CDTC Prep Program and IDC Audit
09/2014‐Mr. C. Stephenson: PADI IDC Completed
08/2014‐Mr. S. Kataoka: PADI OWD Program Instructor Update
08/2014‐Mr. K. Kudo: PADI OWD Program Instructor Update
08/2014‐Mr. S. Saegusa: PADI OWD Program Instructor Update
07/2014‐Mr. P. Sphon: PADI Divemaster Update Completed
05/2014‐Mr. Y. Adachi: Apeks Regulator Overhaul Workshop
05/2014‐Mr. R. Osaguchi: Apeks Regulator Overhaul Workshop
05/2014‐Mr. Y. Ogiwara: Apeks Regulator Overhaul Workshop
03/2014‐Mr. Y. Tokiwa: PADI Tec 50 Assisted
02/2014‐Mr. Y. Aihoshi: PADI Tec Deep Instructor
02/2014‐Mr. Y. Aihoshi: PADI Tec Deep Instructor, Exam Completed
02/2014‐Mr. Y. Aihoshi: PADI Tec Deep Instructor, Phase-2 Completed
01/2014‐Mr. Y. Tokiwa: PADI Tec Deep Instructor
01/2014‐Mr. Y. Tokiwa: PADI Tec Deep Instructor, Phase-3, Tec 50 Assisted
01/2014‐Mr. Y. Aihoshi: PADI Tec Deep Instructor, Phase-3, Tec 50 Assisted
01/2014‐Mr. Y. Tokiwa: PADI Tec Deep Instructor, Exam Completed
01/2014‐Mr. Y. Tokiwa: PADI Tec Deep Instructor, Phase-2 Completed

CPR/FAトレーニング
12/2014‐Mr. N. Okada: EFR/CfC/AED Upadated
[PR]
# by dirtech | 2014-01-01 00:00 | 認定実績2014

熊野灘原発誘致顛末記

およそ今から50年ほど前、1960年代のお話しですが、紀伊半島熊野灘沿岸部に原発立地計画がありました。

私の生まれ故郷は、当時(今もかな)たいへん漁業の盛んな町で、その人口1万人に満たない小さな漁師町の海岸、「城の浜(じょうのはま)」(現在は"孫太郎海岸"と呼ばれています)もその候補予定地と決まり、毎日、海と山でノホホンと遊ぶ事だけに明け暮れる子供の私にも、なんとなく大人達のギクシャクとした空気が伝わります。

町の大半が漁師、しかし私が生まれた家の稼業は商家で、町では漁師は「漁方(りょうかた)」、商家は「売方(ばいかた)」と呼んで、どちらにしても町の小さな経済は、漁業とその漁業の稼ぎを当てにした商売で成り立っていた訳です。

原発誘致には、「漁方」はほぼ反対派で構成されているとは言え、反対派の「漁方」にも、原理的で純粋、そして強硬な反対派、漁業補償交渉を有利に進めるための条件闘争型の反対派、反対を表明しつつ実は勝ち馬に乗ろうと旗色を観る日和見派であったと思います。

いっぽう「売方」の多くは、商売への影響を恐れ、表向きは明確な態度表明はせず、しかし本音は、誘致が決まれば、長い年月にわたる建設事業、高速道路事業、"日本のチベット"と揶揄されるほど辺鄙な紀伊半島南部地域の人口増と経済発展を期待して「誘致賛成」であったはずです。

その頃、私の父は、私が生まれたその年に、銀行員から脱サラし、借家の軒先から始めた豆粒のような3つの田舎事業を、小さいながらもそれなりに成功させた時代でした。それは日本の高度経済成長期と彼の人生の絶頂期に昇る時期とも重なる時代で、商工会のような役員を幾つも引き受けて、毎晩なにかの寄り合いやら会合やら、時には応援する地域出身の代議士への陳情のために夜行列車で東京へと忙しく、たまに住み込みの従業員の若い衆と囲む夕餉の食卓では「原発が来れば...」と、事業拡大の夢を熱く語っていたのを、食卓の傍らで聞きかじったことを覚えています。

しかし結果は、漁方の反対活動は凄まじく、当時の通産大臣であった中曽根氏が現地視察する朝、大漁旗を掲げた大量の漁船を集結させて「海上デモ」を行ない、大臣の「城の浜」への視察上陸を実力行使で阻止。その後の紆余曲折はありましたが、電力会社はついに紀伊半島の原発建設を断念し、現在の静岡県「浜岡原発」の建設を決めたのでした。

あの地震の後、「福一」の事故の直後、私たちにはまだ深刻な状況が見えない最初の週末、国内外の、日本人以外の友人知人からメールが入り始めます。

大使館勤務の奥さんをもつ、在日時にIDCを担当したカンボジア在住のフランス人格闘技家から「家族は大丈夫か?フランスは、在日する同国人に、福島から60km以上の退避勧告を出した。そして明日、出国希望者に対し2機の旅客機を緊急に用意する...」、また在東京の外国人を主な顧客とする顧問投資会社の英国人経営者からは「しばらくの間、東京オフィスを閉鎖する。社員は香港とシンガポール事務所に分かれて移動する。Yoshiと家族はどうする?」など、ほぼ隔離された"島"で生涯の大半を過ごし、漠然と、このまま未来永劫に天変地変や戦争なんて悲惨な事象に遭遇する事なんては無いだろう、とタカをくくっていた能天気な日本人には、「いったいどうなってる...」というほど、彼らの危機回避行動の早さでした。

あらためて、少しの間ですがカリフォルニアに住んでいた時の感覚で考えてみれば、私たちにとっては「福一は東京から180kmも」離れていると言う感覚ですが、これは箱庭のようなこの国に住む人間の距離感覚であって、長い歴史を大陸や大洋を行きして為してきた彼らの世界観では、ほとんど隣家の距離であろうということです。

その週明けの朝でした。私の携帯電話に、故郷の幼なじみから、数年振りの着信がありました。「元気かい?どうだい、福島の原発は?大丈夫か?オレ達のオヤジ達は偉かったな!あんものを造らせなかったのだから。危険だと感じたら、いつでもこちらへ避難しておいで。」

私は、ちょっと複雑な気持ちで「ありがとう。おまえも元気で。」と返事をしながら、"これ以上のことが起きれば、この小さな国の何処にいようと、もう誰も人ごとではないのだよ"と心のなかで呟いていたのを思い出します。

「誰もが過剰なる文明と欲望の共犯者に成り得ることを、たくさん、そして充分に学びました。」

ところで、そんな私の小学6年生の夏休みの自由研究は「軽水炉型原子力発電所について」で、これは当時の担任の先生と4年前に他界した母親くらいしか知らないでしょう。

くわえて大学の専攻は行政学で、卒論は「住民意思決定の形成過程」。それは福島原発誘致の議会決定過程に、どのような階層が誘致への意思形成に影響を与えたか、というテーマでした。4回生の夏休みに、福島の双葉町に2週間泊まり込みで聞き採り調査したのが懐かしい、というのは当時の担当教授とゼミの仲間くらいしか知りません。
[PR]
# by dirtech | 2013-10-23 19:43 | "快刀乱麻"

海中の廃墟

1989年12月の初旬、まだインターネットも携帯電話も普及していない時代、年末に入って人々が慌ただしく走り回る季節に、初めて私は小笠原を訪れた。今からおよそ25年前のことだ。
当時、まだ日本のPADIは、現在のように各地に独立した「インストラクター開発センター」制度を導入していなくて、したがって日本国内でのインストラクター・トレーニングを、PADIが直接運営する「PADIカレッジ」が独占的に行っていた時代だった。
その「PADIカレッジ」がインストラクター向けスペシャルティ・コースを小笠原で開催するという案内を受けて、その時「レック・ダイバー・インストラクター」資格がなかった私は、前々から行ってみたいと願っていた小笠原へ、個人的なダイビング旅行に近い気分で参加した。
その年の春から遅い秋にかけては、様々なレベルのダイビング講習で忙殺され、よく働いた自分への褒美として、芝浦の日の出桟橋 から小笠原丸に乗った。まさに”渡りに船”とはこのことだ。世間は師走で、たとえ嘘でも忙しく、あるいは忙しそうに見せているというのに。

自分が受けるべきコースが終わり、残りのスケジュールを、父島の海で潜る経験で埋められれば良いと考えていた。平日の良く晴れた日、今回のインストラクター・コースで利用するダイビング・サービスのスタッフであり、番頭格でもあるスギウラさんが、私だけを誘って「滝之浦に行きましょう。」と言う。
その時なぜか、きっと特別な出会いがあるだろうと言う予感がした。デジャヴ 、前にもこのようなやり取りをどこかでした、と言う確信に近いものだったと言ってもよい。
二人で二見港に係留したサービスの船の舫をといて兄島に向けて出港する。ほどなく、紺碧の、そして透明感のある12月の海上を吹き渡る北西風の陰に入る滝之浦に到着する。スギウラさんは、山だてをしながら細かく、そして慣れた手つきで舵を操り、何度か小刻みに前後進を繰り返した後、「よし、ここだ!」という納得のいった表情で私に合図を送った。間髪を入れず、私は手に持ってスタンバイしていた錨を蒼い鏡の海に落した。割れた鏡の向こう側に吸い込まれてゆく錨がくっきりと見える。足下のアンカー・ラインがまっすぐに海中に繰り出されて行く。

すぐにウエイトをつけ、シングル・シリンダーの通常のスクーバ装備を背負い、数秒でバディ・チェックを完了し、われわれは同時にジャイアント・ストライドで小笠原の海にエントリーした。眼下には、延々と砂紋が広がる白い砂漠に、美しい船が、かつて輸送船として活躍した姿をほぼ留めた状態で、行儀良く”正座”して沈んでいる。さらに潜降を続け、そのレックに接近するにつれて、彼女の最後の様子がどのようなものであったか、具体的な状況が視界に飛び込む。太平洋戦争末期の民間から徴用されたと思われる輸送船の主な積荷は軍装品だったようだ。中央甲板付近には、散乱する20mm機関砲弾、鉄鋼弾の弾倉の束、むき出しの500kg爆弾、軍用ジープなどが生々しく原形を留めたままだ。
海中の砂漠に鎮座する彼女の名は『延寿丸』といわれている。思わずスギウラさんと眼を合わせ、胃袋が裏返り、心臓を握り潰されるような、何とも説明の出来ない感動で視線だけの会話を交す。私が沈船を見て、激しく心を揺さぶられた、刺激的な最初の経験であった。
着底して水深計を確認すると43mだ。すぐに浮いて船尾に移動する。水面に向かって直立するアンカー・ラインを見上げると、無人の白い船底が、正中する太陽の逆光に映えていた。

滝之浦湾には「フカチン」と呼ばれる沈船がある。呼称の由来は単純明快で、そのレックは40mを超える深場に存在するからである。『延寿丸』とも呼ばれているが、実際のところ彼女の正確な船名は不明だ。
滝之浦には、この「フカチン」以外にも「バラチン」 や「ヨコチン」 など、存在する形態にあわせた呼称の沈船ポイントが複数あり、小笠原を訪れたことのあるダイバーなら、一度は経験する代表的なダイビング・サイトでもある。だが通称「フカチン」、『延寿丸』は、レクリェーショナル・ダイバーの最大限界深度である40mを超える海底に沈んでいることから、今では通常のダイバーが訪れることは多くはないらしい。

小笠原兄島の沈船群は、太平洋戦争の末期、1944年7月の父島空襲に際し、滝之浦湾に退避した6隻の輸送船団であろうと推測できる。国立国会図書館の資料 によれば7月4日に、昭瑞丸(東和汽船 2,720t)、志摩丸(大阪商船 1,987t)、辰栄丸(辰馬汽船 1,942t)、第八運洋丸(中村汽船 1941t)、大功丸(大洋海運 897t)そして第五利丸(西大洋漁業 298t)の6隻が米空軍の空襲によって滝之浦に沈んだ。そしてこのなかには『延寿丸』の船名はない。
さらに資料を探ると、同年8月4日の記録に、父島から横須賀に向かって出港した5隻の輸送船団の中に『延寿丸』(岡田商船 5,374t)の名前が存在する。この5隻の船団は、二見港を出た直後の午前10時過ぎに、アメリカ機動部隊の空襲で沈められた。
滝之浦の「フカチン」が『延寿丸』でないと仮説を立てて立証するには、「フカチン」と『延寿丸』の船体構造、大きさ、積荷などから探るしかない。
そこで私は、この目で確認した『延寿丸』すなわち「フカチン」の積荷が、当時の積荷目録が存在して、その記録と合致すれば、彼女が『延寿丸』であるのか、あるいは私が見た沈船が、少なくとも滝之浦に退避して沈んだという記録に残る6隻の船のどれかだと確定できると推論し、「昭瑞丸」、「志摩丸」、「辰栄丸」、「第八運洋丸」、「大功丸」そして「第五利丸」の6隻と『延寿丸』の積荷目録を辛抱強く探してみた。しかし現在のところそれも叶わず、今となっては「フカチン」の船名が『延寿丸』なのかどうかは、「フカチン」を実測し、その大きさから排水量(トン数)を推測し、滝之浦の6隻のなかのそのトン数に近い船が「フカチン」の“本名”ではないかと類推するしかない。

2012年10月、私は16年振りに3度目の父島を訪問した。あの滝之浦の『延寿丸』がどうなっているのかを知りたいと思ったのだ。カサイさんの操船で、シゲさんに「フカチン」に案内されて、私は彼女に再会した。長い年月のあいだに、文字通り外洋の荒波に耐えて、それでも彼女は健在だ。「フカチン」の船体中央は左右に開き、船首は左舷側に傾いてしまっている。彼女はけなげに年老いた船尾をスッキリと立ち上げ、相変わらず見応えのある積荷の爆弾や砲弾と銃弾はそのまま で、「私はこの滝之浦では特別な存在なのよ」とダイバーを挑発する。
予定の潜水時間が迫り、私たちは群青の空間を水面に向かって上昇した。彼女が若かった頃に運んだ物資と乗客、1,000km隔てた本土と島を往来し、乗船した兵士と乗組員の生活、そしてかれらの家族、それぞれの人生の物語を乗せた「海中の廃墟」の来歴に思いをめぐらせた。

(※月刊ダイバー2013年7月号「世界レック遺産7」の寄稿原稿の原文です)
[PR]
# by dirtech | 2013-10-06 14:23 | "快刀乱麻"

リーシュ-Leash

リーシュ-Leash-とは何か、その使い方、作り方などについて、稀に質問を受けることがあります。製品として市販されていないようで(以前、UTD-Unified Team Diving-から販売されていたことがありましたが、現時点では存じません)先頃、依頼を受けて作成したので、ちょうど良い機会ですから、その作り方を紹介しましょう。

その前に簡単に説明すると、リーシュは、バックマウント、サイドマウントを問わず、テクニカルダイビングで複数本のマルチステージやデコシリンダーを携行する場合の、その言葉通りの"曵き綱"です。犬の散歩に使う「ドッグリーシュ」のリーシュですね。

ループクリップ-Loop Clip-と呼ぶ人もいるようですが、同じものです。ただこれまでのところ、私の周りでそう呼ぶダイバーはおりません。.

<用意する材料>
ボルトスナップ、直径4mm-5mmのナイロンライン、古い中圧ホース

<道具>
ハサミ、バーナー型のライター、瞬間接着剤

<作り方>
1. 中圧ホースを4-5cmの長さにカットする。(自分の手掌の幅の長さにカットするダイバーもいます)
2. ラインを30-40cmくらいの長さにする。
3. ラインを中圧ホースに通す。
4. ボルトスナップもラインを通す。(ボルトスナップを通さずにダブルエンダーで使う方法もある)
5. ラインの両端を平行にし、相手側にループして結ぶ。(2度廻して通して結んでも良い)
6. 両端をしっかり引いて結び、余りをカットする。
7. 両端をライターで焼いて溶かし、結び目側に押し付けて留める。
8. 結び目に瞬間接着剤を適量流して確実に解けないようにする。

<使い方とリーシュテクニック>
機会があればまた今度。ちなみに、40cfのアルミシリンダーなら7本、80cfなら4本まとめて曵いたことがあります。DPVを使ってですが。
b0134230_20152530.jpg

[PR]
# by dirtech | 2013-08-25 20:16 | "快刀乱麻"
スリランカの四半世紀は、民族対立と内戦の歴史である。1983年のシンハラ人とタミル人の民族紛争を契機に始まり、1987年、東北部を拠点とする反政府組織の「タミル・イーラム解放の虎」(LTTE) が独立を宣言し、さらにシンハラの急進派「解放戦線」がそれに応じる形で内戦が拡大してゆく。いったんはノルウェーや日本の停戦仲介努力によって沈静化に向かおうとしたが、2006年7月、われわれが『ハーミス』の場所を特定したまさにその翌月、バッティカロア北方、かつて英国海軍軍港都市であったトリンコマリー南部の水路の支配権をめぐって政府軍とLTTEが交戦し、収束しかけた内戦が激化する。バッティカロアへの厳しい渡航制限を受け、われわれは『HMSハーミスⅠ』の探査プロジェクトを一度断念するほかなかった。結局、再燃した内戦は2009年の5月のLTTEの「戦闘放棄声明」まで続いた。

深夜にもかかわらず5月のバンダラナイケ国際空港 は熱い。成田から飛んだキヨ、ヤス、マサと私、シンガポールの乗り継ぎで合流したグレンの5人に、ほどなく名古屋セントレア空港から別ルートで出たダイサクが揃って、大量の荷物とともに入国審査を受ける。空港に近いネゴンボのホテルにはファーグとマイクが到着している筈だ。日付を超えた時間にホテルのチエックインを済ませ、すぐに冷たいシャワーを浴びた後、私は翌日の移動に備え、長旅で疲れた身体をシーツに滑り込ませた。ゆっくりと回転する天井のファンを見上げると、辛抱強く待ち続けた『ハーミス』探査プロジェクト再開までの時間を巻き戻すようかのように、彼女の沈んだ場所を特定した少し昔を思い出す。目の前に、ターコイズブルーの、柔らかく手触りの良いベルベットの海が広がる。熱帯特有の甘い香りの空気と、漆黒の闇から網戸を通して送られる優しい風であやされる赤ん坊のように、深い眠りに落ちた。

5月28日の朝、われわれ8人は2台のトヨタに分乗した。道路は未舗装で、ところどころ陥没した場所を避けながら、山岳道路のB9でビンナワラからダンブッラを越えてシギリヤを経由し、道端で売られる茹でたトウモロコシで空腹を満たし、グリーン・ココナッツのジュースで乾いた喉を潤し、石窟のある仏教徒の、極彩色の寺院で賑わうヒンドゥの、丸屋根の教会とコーランが響くモスレムの街々を抜け、草原が続くルートA11沿いを移動する野生の象、子連れのヒヒ、そして艶やかな孔雀の群れを眺める旅に出た。

スリランカでも辺境と言われるポロンナルワ以東の、内戦時に軍事輸送のために舗装され、良く整備された道路は、日本のODA の賜物だとドライバーに感謝される私を驚かせ、最近まで激しい戦闘が続いたことなど想像させない。西端から東海岸まで300km余りだが、2回の休憩と7時間以上をかけてスリランカを横断する、旺盛な好奇心を刺激する、しかし少しセンチメンタルな旅だ。

その日の夕刻、夕食にまだ十分に間に合う時間に、われわれは先発したサムとジュンが待つ、目的地のバッティカロアに到着した。バッティは、冴え冴えとした満月の夜に「唄う魚」が集まるという伝説が伝わるラグーンに囲まれた街である。ラグーンの外側には海に面した真っ白な砂浜が南北に延々と続く。痩せた長身の老齢の漁師が二人、まとめた投網を裸の肩にかけ、無表情に、ただ砕ける波を凝視して浜に立つ。夕暮れの打ち寄せる波に崩れる二人の細長いシルエットが、飽食の異国からやって来た私に、この最果ての地で生きる過酷さを理解するのに説明は必要ないだろうと語る。

早朝の倉庫兼作業場は賑やかで忙しい。プエルトガレラからガスミックスのためだけにやって来たジュンがコンプレッサーをバリバリ廻してカスケード・バンク に空気を貯め、ダイバーとボートマンを兼ねたスタッフがひっきりなしに出入する。床に落としたガス分析結果を記入してシリンダーに貼付けるためのダクトテープを、自分のデコ・シリンダーのリグ・キットを調整するドライバーを取りに歩き回るグレンが踏んづけ、マイクが俺のウィングのダンプ・バルヴのコードが切れたと騒ぎ、一つしかないヘリウム・アナライザーに順番待ちのダイバーが行列をつくる。そんな騒々しい場所を、装備を調整し終えた私は早々に抜け出し、別棟の簡素な食堂に向かった。時間を惜しんでパンケーキとセイロン茶、蜜 をかけた「ミーキリ」 だけの朝食を済ませる。サムのブリーフィングが始まる前に、食堂に持ち込んだ『HMSハーミスⅠ』の1/100縮尺の設計図を日本人ダイバーたちとともに確認しておきたかったのだ。今日から4日間でどのように「女王陛下の船」を攻略するか、大まかな構想を練った。皆に悟られないように、私は武者震いを隠し、はやる気持ちを抑えて静かに息を吐いた。

ブリーフィングを済ませた我々は、3隻の船外機付きヤマハ製グラスファイバー・ボートに分かれる。最初のボートはGPSを持ったコーディネーターのフェリとその兄が担当し、サム、マサ、ダイサクのチームが乗る。2号艇にはキヨ、ヤス、私の日本人、つまり“帝国海軍機動部隊。”そのボートマンは、ネゴンボからフェリとともに来た、“誠実”が舵を握っているような職人、漁師のラジだ。最後のボートには、ファーグ、グレンにマイクの“東洋艦隊”組だ。3艘のボートが競い合って快晴の海原を疾走する。船底が滑って時々船が跳ねる。船外機が空転する。膝を上手に使って着水のショックを逃がさねばならない。体中にワグナーの「ワルキューレの騎行」 が鳴り響く。30分ほどで前方に鳥山が見えた。1隻の同型の漁船がGTを釣り上げて取込んでいる。まだ距離があるが、それほど大型の獲物だ。減速したフェリのボートが、アンカーを投げ込んで潜降ラインを設置しようと試みる。

ラジが大きく面舵を切って船を遠い潮上に移動させ、私たちに準備をするように目で合図を送った。呼吸ガスにトライミックス21/35を詰めた80cfのアルミ製ダブル・シリンダーと、同サイズのシリンダーに、それぞれナイトロックス50と酸素を充填した2種類のデコ・シリンダーを装備し、ボート上でいつものように、ガスのフロー・チェックと一連のセーフティ・ドリルを行なう。予備のスプール、SMB、マスクとサブライト、2本のナイフ、プライマリーのキャニスター・ライト、減圧プランと各自の役割を再度確認する。40度を超える炎天下で、吹き出す汗が頂点に達した時、ラジの2度目の合図が出た。われわれは4本のシリンダーの重さに身を任せて群青のインド洋に落下した。

ヘッド・ファーストで潜降を続け、互いにバブル・チェックし、プライマリー・ライトをオンにする。“限りなく透明に近いブルー” のすぐ眼下には、船底と左舷を白いソフトコーラルで覆われた『女王陛下のハーミス』が見える。デカイ!特長のあるアイランド・ブリッジが左舷の水底に伸びる。GTの大群が湧き上がり、すぐに取り巻かれて歓迎を受けた。表現不能の感慨で胸が震える。2004年にプロジェクトを計画して以来、この瞬間を6年も待ったのだ。『ハーミスⅠ』の右舷側後部に降りたわれわれ3人は、躊躇なく横倒しになったブリッジ後方の、水面に向かって直立する14センチ速射砲を目指した。

5月29日の朝食後、いよいよペネトレーションのための入念な打ち合わせを9人のダイバー全員で行なった。ひと世代前とは言え、敵と味方に分かれ、『HMSハーミスⅠ』を生んだ英国人と、その女王の船を一瞬のうちに沈めた艦上爆撃機を送り出した空母「赤城」と「飛龍」の国の人間が、ひとつのテーブルを囲み、同じ目標を持つチームとして集束してゆく。彼女の設計図を挟んで、不思議な時間と空間があった。そこには、敵でも味方でもない、勝った国も負けた国もない、そんな矮小さなどを超越した、ただ純粋に、インド洋の水深53mに70年間眠り続ける『ハーミス』という世界初の空母に潜入するという、リスクの高いダイビングを成功させるために統合された“ザ・チーム”がいた。

3回目の潜降の途中、先にラインを張り終えたサムのチームが、浮上を始めるのが見える。すれ違いながらOKサインを交わし、予定通りに作業が進んだことを確認する。入口にしたアイランド・ブリッジの下に2本のデコ・シリンダーをステージ する。バッティカロア周辺にいるダイバーは、われわれしかいない。したがって手間を省いたのだろう、サムが張ったプライマリー・ラインは船外から直接、第2甲板の中に消えているのが見える。残圧を確認し、ターン・プレッシャーを暗算して互いにサインを送る。私は入口で一瞬止まり、目を閉じて頭を垂れた。ひと呼吸し、先行して中に入る。キヨを挟んだ縦列フォーメーションでヤスが最後に潜入する。第2甲板の通路の天井を下に見てラインは右に折れ、奥に続く。シルト・アウトしないように慎重に進むと、ライトに照らさた左手に2個の白いボウルが見えた、いや、ボウルではない。「女王の船」と最後をともにした乗員の頭骨だ。“ギョッ”とはしたが息は弾んでいない。条件反射するように、改めて黙祷する。ティー・スプーンと大きな靴底を越えてラインは奥に消える。しばらくフィンガー・クロールだけで移動すると、仮止めした400フィートのリールがぶら下がっている。後ろの2人にライト・シグナルを送り、リールを左手で取り、さらに前進した。20mほど先のバスタブまで来て、そこでタイムアウトする。この一つ下の階層に、当面の目標とした「楽器庫」がある筈だ。リールを留めて反転し、ヤスを先頭に出口 に戻る。こうしてわれわれは4日間で延べ18回のペネトレーションを試みた。残念ながら、この探査ダイブで楽器を見たものはいなかったが、しかし誰も本気で残念だとは思っていない。なぜなら、それが再び『女王陛下のハーミス』に戻る立派な理由になるからだ。

予定のダイビングを全て終え、全員で記念写真を撮った後、ラジに「唄う魚」のことを訊ねてみた。「唄う魚」たちは、26年続いた内戦の激化と家族を失い離散する人々の増加とともに、今ではどんなに美しく澄んだ満月の夜になっても、もう唄うことはないと言う。

私たちは、この文明の過剰の時代に生きて、本当に幸せになったのだろうか。人間の欲望の再生産が進歩と文明を生んだという説に異議を唱えるつもりはないが、それから得たものと引き換えに、失ったものも多い。大深度のレック・ペネトレーション・ダイブのために、東京、マニラ、香港、ロンドンから、この最果ての地までやってくるわれわれもまた、文明の過剰な時代の共犯者だ。

スリランカの平和な時代が長く続き、冴え渡る満月の夜には、「唄う魚」たちがまたバッティカロアのラグーンに戻ることを願い、私は平穏な日常に戻る旅仕度を整えた。

(※月刊ダイバー2013年5月号「世界レック遺産5」の寄稿原稿の原文です)
[PR]
# by dirtech | 2013-08-09 19:37 | "快刀乱麻"
2006年に沈没位置を突き止めた『HMSハーミスⅠ』の探査プロジェクトはお預けとなる。彼女の位置を確定した直後から日を増すごとにスリランカ内戦が激しくなり、反政府組織の「タミル・イーラム解放の虎」に制圧されたバッティカロアへの渡航がスリランカ政府に厳しく制限されてしまう。このようにわれわれの努力が及ぶことのない問題となり、したがってプロジェクトをいったん諦めざるをえなかった。この探査プロジェクトへの思い入れが強かっただけに、私はもちろん、目標を失ったチーム全員の喪失感は大きかった。突然、真空となった想いを埋め合わせるものはそう簡単には無い。

蛇足だが「ハーミス探査プロジェクト」のメンバーとその周囲の友人知人は、多国籍、多士済々、曲者揃いで、なかでも英国人には「公爵-Duke」 や「王様=King」 、「法王-Pope」 までもいる。いや、彼らの地位や職責ではなく、苗字なのだが。しかし実のところ、彼らの幾代か前の先祖や、あるいは今の家族も、本国に領地や城を実際に所有したり、辿れば法王を生んだ家系をもつのかもしれない。

そんなプロジェクトの先が見えないなかで、「王様」のブライアンから、しばらく「ハーミス」がだめなら、インドネシアのジャワ島で沈んだ、同じ「ABDA」 の、つまり「東洋艦隊」の『HMASパース』 が沈んだ確実な位置情報があるので行ってみないかという提案が届く。すぐにデイブが詳細な情報を、母国イギリスとオーストラリア、そしてジャカルタの知人から手に入れ、機材とガスの調達、現地でチャーターできる船の手配に動いた。

『HMASパース』の建造は、まだ肌寒い英国の初夏、イングランド本島南岸、当時軍港として栄えたハンプシャー州ポーツマスで1933年6月に始まった。当初は英国海軍艦船「HMSアンフィオン」 と命名されて、1936年に正式就航したD29型軽巡洋艦である。全長169m、総排水量6,830t、最大速力32ノット、Mk-XXI型口径15cm連装速射砲とMk-XVI型口径10cm連装高角砲をそれぞれ4基、両舷に4連装魚雷発射管を装備して、通常は士官35名と乗員611名を乗せる。そして就航3年後の1939年、イギリス連邦国のオーストラリアに引き渡されて『HMASパース』と改名された。

1942年2月28日から3月1日未明にかけて、当時オランダ領であったインドネシアのジャワ島とスマトラ島を挟んだ海域、「スンダ海峡」で起きた帝国日本海軍と「東洋艦隊」との激烈な闘いは「バタビア沖海戦」 と呼ばれる。前日のスラバヤ沖の交戦で、オランダ艦船「デ・ロイテル」と「ジャワ」、英海軍戦艦「エクセター」や「エンカウンター」などを失い、ほぼ壊滅的な打撃を受けた「東洋艦隊」は、米海軍重巡洋艦「ヒューストン」とウオーラー艦長を筆頭に682名が乗り組む『HMASパース』に、スンダ海峡を抜けてジャワ島南のチラチャップへの脱出命令を下した。しかし28日深夜から翌日未明にかけて、海峡手前のバンテン湾バビ島近くで彼女と僚艦「ヒューストン」は沈む。

彼女は、栗田少将が率いる「西方支援隊」の重巡「最上」と「三隈」からの激しい砲撃、「第5および12駆逐隊」の「巌雲」、「白雲」、「春風」、「旗風」から次々と放たれた21本の魚雷攻撃をジグザグに回避し、かつ反撃するために死力を尽くしたが、ついに3月1日午前1時24分にバンテン湾の底、水深40mに姿を消した。生き残った乗員353名が漂流するその日のスンダ海は、月齢13日目の、よく晴れた明るい夜であったという。

暗い闇の底に沈んでいるような、ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港に降り立ったのは、予定の時間より2時間以上遅れた午後7時を過ぎた頃だ。2009年6月の空港建物の空気は、南国特有の、湿気を含んで重く、粘り気がある。先に到着して私を待っていたデイブとサム、ブライアン、ファーグ達と合流し、車でさらに西のアンヤルに向かう。アンヤルは、チャーターした「MBセシリア・アン」 が拠点とする街だ。

減圧のための酸素と呼吸ガスのトライミックスを作るためのヘリウムは、比較的苦労せずに現地で調達できたが、減圧用シリンダーと呼吸ガス用のダブル・シリンダーが無いらしい。したがって、各自がシリンダー用のバルブとダブル・シリンダー用バンドを持参しなければならなかった。明日は「セシリア・アン」のシリンダーをホテルのバスルームまで運び出し、内部の酸素洗浄 とダブル・シリンダーの組立から始めなければならない。だが、それはそれで楽しい。男の子という生き物は、生涯”男”を維持し続けるために、いつも「玩具」が必要な種族なのだ。

「MBセシリア・アン」は、2002年にこの国で建造された、長さ18m、木造の(!)、しかも2本マストの美しいケッチ だ。白い船体と真新しい純白のセイルは、船好きにはたまらなく美人に見えるに違いない。前日に全て作業を完了し、大量のガスの親瓶と器材の積み込みを終えた私たちは、到着3日目の朝、まだ日が昇り切らないうちに、はやる気持ちを押さえてバンテン湾に向けて東に舵を切った。

1967年に発見された『HMASパース』は、バビ島の西、少し湾内寄りの最大水深40m付近に沈む。右舷を下にして、中心線のおよそ半分までが火山灰の水底に埋没し、あれだけの猛攻撃を受けたにもかかわらず、ほぼ全形を留める。前部甲板の口径15cm連装速射回転砲塔の砲身4門が、いつでも即戦可能だぞと水面の敵を威嚇する。

魚雷の直撃を受けて大きく開いた、左舷中央部から船体内部に入ることを決めた。最も経験のあるサムが先行してガイドラインを引き、私が続き、ファーグが最後を務める。ゆっくりとラインをタイオフする最善の位置を探し、ラインが留っているか確認し、必要に応じて修正し、マーキング して、静かに慎重に、恐れ敬いながら進む。彼女は、キッパリと外界を拒絶する薄い膜がかかったような雰囲気で、私たち3人を圧倒するだけだ。

瓦礫やネジ曲がった鋼鉄の構造物が散乱する『パース』の内部の情報を、それぞれが出来るだけ記憶する。当時お互いに敵として戦った歴史をもつ国籍の私たちは、そんなことはもうどうでも良く、そして不可思議なことに、気心の知れた、何度もレック・ペネトレーション・ダイブを共にした経験が、英語でも日本語でもない、ライトの光とラインの振動から伝わる感触、鋼鉄の戦闘艦内部で微かに反響する呼吸音を通じて、つまり「幻の共通語」を水中で交わしながら探査しているのだ。

メイン・セイルを揚げてアンヤルの港に帆走する、夕焼けに染まる「MBセシリア・アン」の甲板には、心地の良い柔らかい風が吹く。北西の彼方にはカラカトワ火山とスマトラが霞む、ここは海峡だ。甲板のラップトップからブルーズ・ハープ の嗄れた音が軋む。誰かが、たぶん「ローリング・ストーンズ」好きのファーグだろうが、「ビッグ・ボス・マン」 を流している。英国人の彼にシカゴ・ブルーズが似合うとは思えない。当然、日本人の私にも似つかわしくはない。われわれには「海峡」といえば演歌だが、そんな気持ちにもなれない私は、持参したiPodにアン・サリーの「蘇州夜曲」 があったことを思い出した。
さて、バンテン湾の彼女はどんな”ブルーズ”を好むのだろうか。

(※月刊ダイバー2013年6月号「世界レック遺産6」の寄稿原稿の原文です)
[PR]
# by dirtech | 2013-07-07 17:36 | "快刀乱麻"